あかびら市立病院

診療科の紹介―小児科

小児科のご紹介

 当院では常勤医師1名により、毎週月~金曜日に診療を行っています。
 小児科は、生まれたばかりの赤ちゃんから、主に中学生までの総合的な診療を行っています。
 また、火曜日・水曜日・金曜日の午後には予防接種も実施しています。

【乳幼児】
 MR(麻しん・風しん)、水痘(水ぼうそう)、おたふくかぜ、日本脳炎、BCG、四種混合、ヒブ、肺炎球菌、
 B型肝炎、ロタ

【小中学生】
 二種混合、日本脳炎

 

◆小児科の主な治療・検査◆

 一般検査(血液検査・尿検査など)は、必要に応じて随時行っています。すぐに結果を必要とする緊急検査は、40分程度で結果が出ます。
 便でのアデノ・ロタウィルス、咽頭粘液でのA群溶連菌、アデノウィルス、鼻腔粘液でのインフルエンザウィルスの迅速検査を行っています。
 アレルギーの血液検査等は外注検査となっていますので、結果に時間を要します。
 画像検査については、一般のレントゲン検査のほか、CT検査も行っています。
 生理検査については、一般の心電図・脳波・呼吸機能検査のほか、ホルター心電図も行っています。

  外来受付時間
午前
8:00~11:30
午後
13:00~15:00
各科により受付時間が異なります。
診療カレンダーをご覧ください。
  お問い合わせ
あかびら市立病院
〒079-1136
北海道赤平市本町3丁目2